アーカイブ

基準となる

企業でコンプライアンスを遵守していくことを考えると、色々な方法を模索しなければいけなくなる。
その判断基準となるものはそれぞれに異なった判断基準になるかもしれないが、オフィシャルとしての見解や見識というのであれば判例や法令といったところが基準となるだろう。
判例は過去に起こった裁判所で争いにおいて下された判決のことであり、法令は国が定めた法律や条例などを指す。
これらの判例や法令というのは企業が意識するコンプライアンスの善悪を判断する基準となるデータであり、色々なところで活用される場面が多い。

というのも、日本という国では過去に下された判例や法令ということを最も意識する風潮がある。
それは、裁判などで前代未聞の判決が下された時に起こる驚愕の報道の凄さを見れば分かると思うが、これらの判例や法令というのは将来に遡って参照されることがある。
だからこそ、企業は運営上で起こりうるグレーゾーンの判断に判例や法令を意識されるのだろう。
最近ではこのニーズに応えるように、判例や法令をデータベースにまとめて簡単に検索できるサービスも登場している。
あらゆるところで基準となる境目を探る時には、過去に下された判断が基準になるので意識をしていただきたいと思う。

おすすめサイト

こちらのページで品川美容外科の判例についての意見をまとめています。世間の人がどのような観点を持っているかがわかりますよ。